にしし らぼらとりー

にしし(西村文宏)製スクリプトの公開開発実験場(ラボラトリー)です。各種スクリプトの最新版やβ版の動作確認ができます。バグ報告や、機能面でのご要望などもお気軽にお知らせ下さい。

※当ウェブサイトは、にしし製フリーCGIなどの動作確認サンプルを公開したり、製作進行に関する呟きを掲載している実験場のようなものです。 各種CGIスクリプトの配布パッケージを入手したい場合や、にしし(西村文宏)の個人サイトをお探しの場合は、 本家サイト「にしし ふぁくとりー」へお越し下さい。(╹◡╹)ノ

RSS Feed

開発放言 No.2299

新規投稿 / 管理用

WitchServerの環境についてはアンケート結果がばらけていて(700で動かしている人も居れば755で動かしている人も居るし、Perlパスを変更している人も居れば変更していない人も居る)判断できなかったので、WitchServerの運営者さんに問い合わせてみたところ、丁寧な返信が来た。
それによると、WitchServerはsuEXECを採用しているが、
「設置方法3:パーミッションの設定」の項目で提示されているパーミッションであれば、
suEXEC用、一般用、どちらでも動作します。

とのこと。
どちらでも動作する、という環境もあり得るのか……。知らなかった。CGIが新規ファイルを出力するディレクトリのパーミッションも、別に 705 でも 777 でも構わないようだ。
余計なパーミッションはない方が良いだろうという立場からsuEXEC用を推奨、とさせてください。
ということなので、案内としては「suEXEC側のパーミッションに設定」ということで問題なさそうだ。
Perlパスも書き換える必要はないとのことだった。
それよりも、改行コードを LF にして、バイナリモードでアップロードする点に注意して欲しいという回答だった。

WitchServerさんは、てがろぐセットアップTIPSページを公開して下さっていてたいへんありがたい。そこにパーミッションの話は書かれていないのだが、まさか「どっちでも問題ない」とは予想しなかった。

by nishishi. てがろぐ <623文字> 編集

Powered by てがろぐ Ver 3.9.0.

DASHBOARD

■開発放言について

にしし製CGIの開発進行に関する放言です。思いついたことを適当に放り込む空間なので、どんな呟きも確定的な開発予定というわけでは全くありません。しかしながら、機能面でのご要望や開発予定機能への支持表明はお気軽にどうぞ。ただし、ここには直接は投稿頂けませんので、公式動作テスト用てがろぐ等をご利用下さい。

編集

■全文検索:

■日付検索:

■カレンダー:

2022年11月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

■ハッシュタグ:

▼現在の表示条件での投稿総数:

1件

▼最後に投稿または編集した日時:

2023年02月02日(木) 22:38:28